保険適応外の根管治療

なぎさ歯科クリニック 保険適応外の根管治療根管治療を受けた患者様の中には、痛みが何度も再発したり、治療を長期間に渡って繰り返されてきた方も多いのではないでしょうか?

痛みの再発や治療のやり直しのほとんどは、根管内の神経の取り残しや、細菌残りが原因で起こるものです。

つまり、根管治療の成否は「治療の精密さ」にかかっているのです。

なぎさ歯科クリニックでは、こうした状況を防ぎ、患者様への負担を軽減するためにも、治療の精密さを極限まで高めた「保険適応外根管治療」を取り入れています。

保険適応外の根管治療とは?

根管治療では、根管内の様子を顕微鏡で確認しながら感染源の除去を行い、精密治療を支える特殊な器具の開発によって根管治療の成功率を飛躍的に高めています。

保険適応外の根管治療の核となるのはマイクロスコープ、またラバーダムの使用です。

マイクロスコープは歯の根を2~24倍にまで拡大することができる歯科用の顕微鏡であり、細菌感染と神経の取り残しによる再発リスクを徹底的に除去します。

また、ラバーダムは根管治療時に治療対象外の歯に被せるゴム製のシートであり、治療中の歯が外部から細菌感染するリスクを大幅に軽減することができます。

保険適応外の根管治療とは?

現状、マイクロスコープやラバーダムを根管治療時に使用している歯科医院は非常に少なく、日本で導入されている歯科医療は未だ数パーセントに過ぎません。

保険適応外根管治療を成功に導く治療器具の導入

なぎさ歯科クリニックではマイクロスコープやラバーダムなどを導入することにより、痛みの再発や治療の繰り返しを防止し、根管治療の成功率を大幅に高めています。

マイクロスコープの導入

なぎさ歯科クリニック 保険適応外の根管治療

なぎさ歯科クリニックでは、患者様に確実な治療を行うためにマイクロスコープを導入しています。

アメリカでは、根管治療の専門医にマイクロスコープの導入義務があるほど重要なものであると認識されています。
それほどまでに、根管治療の成功にはマイクロスコープの導入が不可欠なのです。

根管治療時にマイクロスコープを使用することで、歯根の組織を除去し過ぎていたり、細菌に感染した歯髄を取り切れていないといったリスクを大幅に軽減することができます。

細菌感染を防ぐラバーダム防湿

なぎさ歯科クリニック 細菌感染を防ぐラバーダム防湿

ラバーダム防湿では、治療する歯以外の歯に専用のゴムマスクを覆い被せ、治療中の歯へ唾液や細菌が侵入することを防ぎます
これにより、無菌的な状態で根管治療を行うことができ、再発リスクを抑えることができます。

根管治療でラバーダム防湿を行うことは欧米では必須であると考えられていますが、日本でこれを実施している医院は全国でも数パーセントしかないと言われています。

なぎさ歯科クリニックでは根管治療時に必ずラバーダム防湿を実施していますので、安心して治療を受けていただけます。

汚染部分の確実な除去に重要なニッケルチタンファイルの使用

なぎさ歯科クリニック 汚染部分の確実な除去に重要なニッケルチタンファイルの使用

歯の根っこの汚染された組織の除去には、「ファイル」と呼ばれる専門の治療器具を使用します。
そして、ニッケルチタンファイルは従来のステンレスファイルに比べ、非常にしなやかな特性を持っています。

これにより、従来のステンレスファイルでは不可能であった曲がった歯の根の先端付近まで確実に汚染を取り除くことが可能となりました。

また、歯髄を取り除きながら清掃を行うための根管拡大においても、従来の方法では5、6回の治療回数がかかっていたものを、ニッケルチタンファイルでは1回で拡大することが可能です。
これにより、大幅に治療期間を短縮します。

保険適応外の根管充填

最後に根管内を可及的に無菌状態にした後、その根管にお薬を充填します。
その充填剤は保険適応外のもので、十分な緊密性を保つものです。