根管治療の目的及び症例

根管治療は、虫歯が歯の中の神経に達して、痛みが出た場合に行う治療です。
細菌が歯の内部に感染している場合、管の中の神経を取り除き、きれいに洗浄しなくてはなりません。
根管治療を行う目的は、主に次の4つです。

  • 根尖性歯周炎の予防と治療を行うため

  • 虫歯が進行して痛んだ歯の神経を除去し、痛みを取り除くため

  • 歯の将来的な病変を防ぎ、健康な状態を長く維持するため

  • 根の先にできた病変(膿)を治す

歯内外科療法

残念ながら精密な根管治療をおこなったとしても、すべての歯が100%治癒するとは限りません。
根管は複雑な形態をしており、根管治療に限界がある場合があるからです。

しかしそれでも、そこで抜歯をするのではなく、歯内外科治療を行うことができます。
汚染された病変のある根尖を外科的にカットし、さらにその根尖からMTA(Mineral Trioxide Aggregate)を充填する方法があります。

根管治療・歯内外科治療の症例紹介