インプラント治療とは

インプラント治療とは

なぎさ歯科クリニック 噛みごこちも外観も天然の歯とほとんど変わらないインプラント好物だった物が噛めなかったり、味気なく感じたり。
歯のない部分が気になって、人前で表情がこわばってしまったり。

当たり前だったこれらの事も、歯に不都合を感じると、何だか難しいことのように感じてしまいます。
そのような方のために新しく開発されたのがインプラントです。

インプラント治療とは、歯の抜けた所にインプラント(人工歯根)を埋め込み、それを土台に人工の歯を装着する治療法です。

埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。
その上に取り付ける人工の歯も、患者さまに合わせて1本づつ作るので、噛みごこちも外観も天然の歯とほとんど変わりません。

人生を前向きに楽しみ、充実して過ごされる患者さまの生活を、私達歯科スタッフとインプラントがしっかりサポートします。

メリットとデメリット

インプラントのメリット

インプラント治療は、体の機能的・心理的な部分を両方とも改善してくれます。

  • 歯の働きがよみがえる
  • 見た目が自然で美しい
  • 自信や積極性が回復
  • 自分の歯の保護

インプラントのデメリット

インプラントは、ばい菌に弱く今まで以上にお口の中のケアをしていかなくてはなりません。

  • 治療費が高額である
  • 歯科医師の技量・診療姿勢に左右される
  • すべての方が治療を受けられるわけではない
  • 治療期間が長い

なぎさ歯科クリニック 日本を代表する世界基準の最先端インプラント技術インプラント治療が、従来の治療法である入れ歯やブリッジと、決定的に違うところ。
それは、違和感を感じない口の中、天然歯と同じ感覚で物を食べることができる噛みごこちです。
インプラント治療を行うことで、今まで食べる事ができなかったものも食べれるようになります。

また、入れ歯のように取り外して掃除をしたり、何かの拍子に外れてしまう心配もありません。

ですがインプラント治療はあらゆる人に対応できる訳ではないのです。
顎の成長が完全ではない方、全身疾患や重度の糖尿病をお持ちの方などは受ける事ができません。

また、毎日のお手入れがきちんとできない方。お口の中の意識が低い方。

そういった方には、この治療法は向きません。
インプラントは、ばい菌に非常に弱く、健全な歯があった時以上に、日々の清掃管理が重要になってきます。

インプラントには神経がないため、痛みや症状が進行しても気付かない場合が多く、気付いた時には最悪の場合抜かなければならないといった事にもなりかねません。

患者様の歯に対する意識、これがインプラント治療を成功させる大きな力となるのです。

従来の治療法

ブリッジ

なぎさ歯科クリニック ブリッジ少数の歯の欠損に有効です。
インプラントと同じ、天然歯と変わらない見た目を得る事ができますが、健康な歯への負担、口の中の清潔さという部分はインプラントより数段劣ります。

利点・天然歯と同じ美観を保てる
・噛み合わせを回復できる
欠点・健康な両側の歯を削る
・ブリッジのすき間が汚れやすい
・幅広い欠損には対応できない

入れ歯

なぎさ歯科クリニック ブリッジ多い歯の欠損時に有効です。
インプラントと比べ安価ですが、お口の中への違和感、噛む力、見た目においてインプラントより劣っています。また、外れると言った精神的なストレスも考えられます。

利点・比較的安価(保険内治療も可能)
欠点・噛む力が天然歯の半分以下
・装着時に違和感がある
・外れるなどの精神的なストレスがある

インプラント治療が一般的になる前は、失った歯の本数によってブリッジ・部分入れ歯・総入れ歯などの治療法で今までは対応していました。
ですが、上記のようにデメリットが多い点も事実です。そこで、従来の治療とインプラント治療でどこが違うのか下記でご紹介します。

従来の治療法との比較

歯が1本抜けた場合

ブリッジ両隣の健康な歯を削る必要があります。
インプラント健康な歯を削る事なく、歯のすき間に物も詰まりません。

歯が複数本抜けた場合

部分入れ歯金属の止め具に違和感を感じ、見た目も良くありません。
インプラント止め具などを使わない為、口の中に違和感を感じません。

歯が全て抜けた場合

総入れ歯ズレたり、食事中、食べ物が内側に入ったりします。
インプラント入れ歯の様に外れる心配もなく、噛みごこちも問題ありません。