石川県金沢市でインプラントならなぎさ歯科クリニック / 歯科,歯医者

石川県,インプラント,金沢市,なぎさ歯科クリニック

076-223-5555
石川県,インプラント
石川県,インプラント,歯周病

石川県,インプラント,歯周病歯周病治療において、船登院長は世界のトップレベルと評されるほど、その高度な治療技術は認められています。

週刊現代でも歯の名医「全国100人」と、重度歯周病治療とこれら患者様に対するインプラントの併用治療に強い名医8人に選ばれました。

海外でも日本人歯科医として初めて歯周病に関わる文献が採用されるほどです。

石川県,インプラント

石川県,インプラント常に患者様に最適なインプラント治療を提供するべく、日々その技術の研鑽を続けています。

多数言語で出版されている「4-Dコンセプト インプラントセラピー」は、日本人として初めて、そのインプラントの技術を認められ、注目されている証です。

また、インプラント体をより早く骨と結合させるための紫外線技術を世界初の臨床例も船登院長が執刀するなど、その技術を見学するため、日本中から手術の見学に来る歯科医も多いです。

石川県,インプラント,審美歯科

石川県,インプラント,審美歯科ただ歯を治すだけではなく、いかに美しく機能的で長期的に安定させることをコンセプトに治療を行っています。

歯科専門誌に連載されるほど、その審美的技術は注目され、国内外の学会での講演実績も多数

患者様のご要望を元に、船登院長があなたの笑顔を取り戻します。


なぎさ歯科クリニック 増築のお知らせ

増築のお知らせ

このたび、なぎさ歯科クリニックは増築・改装を行い新たなスタートを切ることになりました。

金沢の地で開業して15年、私たちが当初から目指してきたことは、悪くなってしまった歯に対して最大限の治療をし、治した歯が再び悪くならないようにすること、そして今健康な歯を決して悪くしないようにすることです。

おかげさまをもちまして、私たちの思いにご共感いただき、開業以来多くの方々の治療をさせていただき、また治療終了後も多くの方々に再び悪くなることがないようにメインテナンスを受けていただいております。

定期的なメインテナンスに通っていただくことでお口の健康を維持される方が増えていくことは大変喜ばしいことなのですが、その数は年々増え続け、当医院の設備ではいささか手狭になってまいりました。

そこで今回、皆様により快適で充実したメインテナンスを受けていただけるように、医院を拡張する運びとなりました。また今回の増築では新たに研修室を設けました。それは私たちが行っている歯科医療を、若い世代の歯科医療従事者に伝えていきたいという思いがあるからです。

私たちが今行っていることは決して自分たちの力だけで築き上げたものではありません。多くの先人たちから学び、多くの同輩たちと切磋琢磨しながら初めてなしえたものです。先達から受け継いだ知識や技術を、時代の流れに沿った私たちの経験を加味して次の世代に継承する、そんな橋渡しの役をさせていただきたいと思っております。

私たちは地域の方々のお口の健康のため、そして歯科医療全体の発展のため努力してまいります。今後ともなぎさ歯科クリニックをよろしくお願い申し上げます。

こんなことでお困り、お悩みではありませんか?

歯周病が心配入れ歯の調子が悪いインプラント治療って?歯や歯並びをキレイにしたい!信頼できる歯医者患者さんの声

患者様へ

「木を見て森を見ず」

患者様へ今までの歯科治療は、うわべだけの治療が多すぎたのではないでしょうか。どの歯科医院のホームページを見てもインプラント・審美とうたっています。しかし、当院のコンセプトは「永続性(長持ちすること)」です。そのためには、土台がしっかりしていないと歯もインプラントも長持ちするはずがありません。

では、お口の中の土台とは何を意味するのでしょうか?歯・インプラントにとって土台とは歯槽骨・歯肉を意味し、その両者を確実に治すからこそ、永続性は達成できるのです。是非、石川県金沢市のなぎさ歯科クリニックで良質の本物の歯科治療を受けてみませんか?

船登院長の活動報告

国内外の学会、スタディグループでインプラントや歯周病治療、審美歯科など様々な治療分野で活躍する、船登院長の活動報告です。今でも日々、その技術を研鑽するため国内外で最先端の技術を習得し、患者様に還元しています。

2014.9.25 EAO(ヨーロッパインプラント学会)

イタリアのローマで行われたEAO(ヨーロッパインプラント学会)に演者として参加しました。UCLAの小川隆広教授が開発したインプラントの光機能化技術について、小川教授が研究者の立場で、船登院長が臨床家の立場でその有効性を発表しました。
インプラント表面を光機能化することによって従来よりも速く強固にインプラントが骨と結合すること、またインプラントのみならず同様の材質で作られたインプラント治療の際に用いる機材を光機能化することで、より良い治療結果が得られることなどを発表しました。

EAO(ヨーロッパインプラント学会)

2014.5.9 シンポジウム(ドイツ・ミュンヘン)

ドイツのミュンヘンで行われたシンポジウムに演者として参加しました。これはUCLAの小川隆広教授によって開発されたインプラントの光機能化に関するシンポジウムで、船登院長は世界に先駆けてこの技術を臨床応用しているなぎさ歯科クリニックの症例を提示し、光機能化技術の有効性についての発表を行いました。
このシンポジウムでは小川教授、船登院長のほかに、日本から寺西邦彦先生、そしてドイツでこの技術を臨床応用している先生がシンポジストとして登壇しました。
光機能化技術は今後ますます世界に広まっていくことを感じさせるシンポジウムでした。

シンポジウム(ドイツ・ミュンヘン)

2014.3.29〜31 EAED(ヨーロッパ審美学会)

ギリシャのアテネで開催されたEAED(ヨーロッパ審美学会)に参加しました。EAEDは認定会員が約350名のヨーロッパを中心とした選りすぐりの会員で構成された学会で、日本人ではまだ2名しか会員として認められていません。
船登院長は今回で2回目の参加となりヨーロッパの審美歯科医の先生方と交流を深めてまいりました。そしてその際に自分の治療した症例を提示し、彼らからその治療内容を称賛され、会員として認められることに必要なアフィリエイトメンバー3名の会員の推薦を受けることができました。
来年度には船登院長は会員として認められる予定です。

EAED(ヨーロッパ審美学会)

2014.04.22 ICOI(国際インプラント学会)2013

去る2013年10月初旬にイスタンブールで開催された国際インプラント学会で、友人でもある小川UCLA教授が開発した光機能インプラント技術に関して、講演してきました。この技術を世界で初めて、臨床応用したのが当医院理事長の船登であります。
この技術は、今後ヨーロッパ・アメリカと全世界に広がっていくことでしょう。

ICOI(国際インプラント学会)2013

ICOI(国際インプラント学会)2013

2013.12.2 再生療法の世界的権威のDr.コルテリーニの研修

2013年9月、院長が主催する5-D Japanのメンバー総勢24名と共に、イタリアのフィレンツェで開業している、再生療法(歯の周囲の骨を再生する術式)の世界的権威のDr.コルテリーニ先生の研修に行ってきました。
2日間の研修で、初日は講義を受講し、2日目は、ライブオペの見学です。実際の3人の患者様をモニターで見ることができました。
今現在、歯周組織再生術は、インプラント治療よりも難しいとされています。これからも、研鑽してきた知識・技術をなぎさ歯科クリックの患者様に、還元していきたいと思っております。

患者様へ

患者様へ

患者様へ


2013.09.06 アメリカで最も有名なA.Oという学会のホームページで紹介を受けました。
詳しくはコチラから!