なぎさ歯科クリニック院長 ふなあきよし

院長紹介

なぎさ歯科クリニック 院長 船登彰芳「本物の生き方」をするために。健康で美しい口元をいつまでも

なぎさ歯科クリニックでは、虫歯や歯槽膿漏に対する徹底的な治療はもちろんのこと、歯がなくなった後にも人工の歯、すなわちインプラントを埋め込む治療によって、入れ歯をできる限りいれなくてもいいようにし、しっかり噛めるようになって頂く事を私たちの使命のひとつと考えています。

「明眸皓歯(めいぼうこうし:美しく澄んだひとみと白く整った歯の意)」の言葉の様に美しい歯は容貌にとって大変重要な事です。
噛めるだけでなく、できる限り自然な美しい歯を造り上げることにもスタッフ一同万全を期して取り組んでいくつもりです。

「健康で美しい口元をいつまでも」が私たちのモットーです。

皆様と共に素晴らしい目的に向かってお互い頑張りましょう。必ずや満足して頂ける結果を得られるものと確信しております。

院長 船登彰芳 治療風景
院長 船登彰芳 講演風景

経歴

1962年9月 石川県七尾市に生まれる
1987年 広島大学歯学部卒業
1991年7月 石川県羽咋市にて、なぎさデンタルクリニック開業
1998年4月 石川県金沢市になぎさ歯科クリニック移転開業
2008年 5-D Japan 石川知弘、北島一、福西一浩、南昌宏と共に設立、北陸インプラント・ぺリオセンター(HoIpS)創設

資格

5-D Japanファウンダー
アメリカ歯周病学会会員
アメリカインプラント学会会員
ヨーロッパインプラント学会(EAO)会員
EAED(ヨーロッパ審美学会)アフィリエイトメンバー

講演・著書